つながる想い2023〜がんとともに生きる〜
「つながる想い2023」は5月7日(日)開催しました。次回は2024年5月に開催します。

「つながる想いinかごしま2024」開催決定

2024年5月12日(日)10時~17時、
かごしま県民交流センターにて開催決定しました!

詳細はお待ちください。

「つながる想いinかごしま2024」実行委員長挨拶

つながる想いin かごしま2024実行委員会 実行委員長 磨井大和(うすいやまと)

今回、実行委員長を務めさせていただきます。磨井です。
私は現在鹿児島大学病院で看護師として働いております。
私は、学生の頃からつながる想いの前身イベントに参加しておりました。
きっかけは父が咽頭がんに罹患したことでした。
看護師になろうと思ったきっかけでもありますが、咽頭がんという病気により声帯を失った父は
「声にならない声」で当時学生だった私に生きていく覚悟を示してくれました。
その覚悟を受け取った私は、父のように、がんという病に罹患した方、そしてその家族、
その友人など多くの人々に対し何かできる
ことはないかと考え、このイベントに参加することにしました。

今の日本は2人に1人はがんに罹患するといわれています。
このイベントの副題でもある「がんとともに生きる」とは、がんに罹患した人だけでなく、
その周りの人も一緒になって支えあって、生きていくことだと私は考えます。
だからこそ、このイベントにはがんのサバイバーもいれば、
そうでない人もいて、様々な人の「想い」がつながり合って開催されています。
今年のイベントは5月12日(日)に、かごしま県民交流センターで開催されます。
白い風船に想いを乗せて空へ飛ばす「バルーンリリース」をはじめ、
がん患者さんやそのご家族が元気になれる「つながるアート展」、
気軽に話ができる場の「患者サロン」、毎年好評の講演会などを予定しております。
また、同時開催でのSNSを活用した配信も行いますので、
私たち実行委員も含め県内外を問わず皆様と
「つながる」ことができる憩いの場を目指しております。
本イベントに伴う、皆様から頂いたご寄付は、「つながる想いがん基金」として、
離島から治療で通院される患者さんの旅費への助成等、
がん患者さんとそのご家族のために使用されます。
9年目を迎えた本イベントですが、「がんとともに生きる」ことを支えるために、
そして様々な人々の想いをつなげるために、
笑顔あふれるイベントを目指していきたいと思っています。
たくさんのご参加お待ちしております。

 



■つながる想い2023は終了しました


無事にイベントは終了しました。
また来年お会いできることを楽しみにしております。

■お申し込み終了しました。

■オリジナルチャリティグッズ販売スタート
つながるマルシェ

■開会式について
■「つながる想い2023」テーマソング
■バルーンリリースに使用する風船について
■ご寄付のお願い(法人・個人)
■「つながる想いアート展」第1次投票スタートしました!
■4月17日~19日「インスタライブ」開催!
→終了しました!アーカイブの一部をご覧いただけます

■「チャリティ釣り企画」終了しました!
■5月7日県政記念公園に出店やワークショップ盛りだくさん!

実行委員長挨拶

つながる想いinかごしま実行委員会 実行委員長 野田海洋

今回実行委員長を務めます野田です。私自身母が癌に罹患し、中学生の頃からつながる想いの前身イベントに参加しておりました。現在はイベントで人と人の関わりの重要性を学んだ事から県内の大学で心理学を専攻し、4月より修士課程に進み心理師を目指して勉強しています。

このつながる想いのイベントは人と人のつながりを大事に、安心して集まれる場所という風に私は考えています。そのような中で、「つながる想い2023~がんとともに生きる~」を現地開催(5月7日)で開催することとなり、実行委員一同が一丸となり、精一杯準備に取り組んで参りました。

イベントは5月7日(日)かごしま県民交流センターで行い、毎回ご好評いただいている白い風船を空へ飛ばす「バルーンリリース」をはじめ、一般部門・ジュニア部門から集まるがん患者さんや家族が元気になる「つながるアート展」、フリーアナウンサーで悪性リンパ腫の罹患をされた笠井信輔さんの講演会などを予定しています。また同時開催での配信も行いますので、私たち実行委員も含め県内外問わず皆様と「つながる」ことができる憩いの場を目指しています。

本イベントに伴う、皆様から頂いたご寄付は、「つながる想いがん基金」として、離島から治療などで通院される患者さんの旅費助成と今年から新規に立ち上げる助成内容を企画しております。

8年目を迎えた本イベントですが、これからも皆様と沢山のつながりを築けるよう笑顔で楽しいチャリティイベントを目指して行きたいと思っています。たくさんのご参加お待ちしています!

趣旨

鹿児島県のがん患者・家族・遺族のためのチャリティ・イベント「つながる想い2023~がんとともに生きる~」のオンライン開催、およびそれに付随する諸活動を通して、がん患者支援活動を行うこと。

主催

つながる想いinかごしま実行委員会

共催

鹿児島県、鹿児島市、NPO法人がんサポートかごしま、NPO法人ピンクリボンかごしま、鹿児島緩和ケア・ネットワーク、若者がん患者会きらら

後援

鹿児島県医師会、鹿児島県歯科医師会、鹿児島県薬剤師会、鹿児島県看護協会、鹿児島県診療放射線技師会、鹿児島県理学療法士協会、鹿児島県臨床検査技師会、鹿児島県栄養士会、鹿児島がん看護研究会、鹿児島県民総合保健センター、鹿児島県地域女性団体連絡協議会、あおぞら会、あやめ会、鹿児島・生と死を考える会、さくら会、小児がんサポート・のぞみ、スマイルリボン、太陽の会、日本オストミー協会鹿児島県支部、花みずき会、鹿児島県立薩南病院「松実会」、朝日新聞社、西日本新聞社、毎日新聞社、南日本新聞社、読売新聞西部本社、NHK鹿児島放送局、MBC南日本放送、KTS鹿児島テレビ、KKB鹿児島放送、KYT鹿児島読売テレビ、エフエム鹿児島、鹿児島シティエフエム、FMさつませんだい

開催日時

2023年5月7日(日)10時~17時

開催場所

かごしま県民交流センター大ホール/県政記念公園(バルーンリリース、つながるアート展、講演会等)

参加者

がん患者、体験者、家族、支援者等、全国からどなたでも

実行委員(50音順)

井上大地、磨井大和、鵜木達巳、大野寿子、大脇健吾、尾ノ上寛彬、上四元由美、仮屋純子、神田和恵、木之下勉、救仁郷文、隈浩司、酒匂俊範、末永真由美、鈴木世那、鈴木聖子、髙田絵夢、髙橋眞由美、竹迫秀和、竹下孝徳、竹下きよみ、田中拓也、田村篤子、堂薗いずみ、堂福恭嗣、戸川憲二、中村薫、西健一、野田真記子、野田海洋、平井朋英、平野尚子、福田京子、藤崎誠、丸尾美由紀、三好綾、三好優生、米良弘子、森主真弓、四元由香里